ピレリカップの魅力

 その1:いきなり世界へ挑戦するチャンス!

 

「ダイレクトに世界へ!」の言葉通り、最大の特典は「シリーズチャンピオンは翌年のWSS600に1戦招待参戦できること」です。全8戦中5戦の有効ポイント制でチャンピオンを決定します。

昨年のチャンピオン國川浩道選手は、4月のアラゴンラウンドに参戦しました。

チームは、なんと昨年のチャンピオンチーム、Kawasaki Puccetti Racing!!

結果としては転倒リタイアだったものの國川選手は多くの経験を持ち帰ったはずです。

国内から世界に挑戦できる機会を直接つかむことができるのは、ピレリカップの最大の魅力です。

 

その2:自己ベストを更新する選手が続々!

 

タイヤメーカー各社が持てる技術のすべてを注ぎ込んで開発したタイヤは、どのタイヤもトップエンドのタイムに大きな違いはありません。

しかし、ピレリはライダーを助け、育てるタイヤです。これは多くのユーザーが語る言葉です。

タイヤを変えた時、マシンを変えた時、微妙なコンディションの時、ライダーの引出しの多さが大きく結果を左右します。ピレリカップと全日本選手権や地方選手権のST600にダブルエントリーしている選手の多くは、着実にレース結果に結びつけていっています。

ピレリカップは、全日本選手権や地方選手権で好成績を残すことにも役立つレースです。

 

その3:多岐にわたる賞金、国内ライセンス賞も!

 

ピレリカップは、数多くのスポンサー各社から、サプライヤー賞金、表彰台ボーナス賞金、シリーズ賞金などのご協賛をいただいています。必ずしもレース順位が上位でなくてもスポンサー各社の製品ユーザーの中で上位であれば賞金を得ることができます。

さらに、今年から国内ライセンスのライダーにシリーズ賞を用意しました。これは国内ライセンスの選手の内、8戦中5戦の有効ポイントで国内ライセンス選手の別ランキングを決定し、上位選手には下記の賞金が授与されます。

《モトルネッサンス賞(国内ライセンス選手への奨励賞金)》

 シリーズランキング1位:10 万円、2位:5万円、3位:3万円

 世界へのチャンスを狙う選手も、この言葉に今は現実感が無い選手も、まずはピレリカップに参加してみて下さい。昨年は多くの国内ライセンスの選手が自己ベストタイムを更新しました。